弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するメリットと注意点まとめ

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼するメリットと注意点まとめ

多額の債務を抱える人にとって、過払い金請求は生活を立て直すための有効な手段です。過払い金請求を行う際、自分でするのか専門家に任せるかで悩むことでしょう。

費用の心配や一言に専門家に依頼するといっても、弁護士と司法書士のどちらにお願いすべきかなど悩みは尽きません。 また専門家に依頼することで、どれだけ過払い金を取り戻すことできるか不安な要素がいっぱいです。

ここではそんな過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼した時の特徴や違いについてご説明します。

過払い金請求を弁護士や司法書士の専門家に依頼するメリット

agenda-2296195_960_720

過払い金請求を法律事務所の弁護士や司法書士に依頼した場合、自分で行った場合とは違う様々なメリットを得ることができます。

依頼する場合、まず法律の専門家である弁護士や司法書士が行うので、自分ではやり慣れていない手続きや作業もスムーズにこなしてもらえます。

自分でこれらの手続きや作業をすると、原則的に必要書類は自宅に送付されます。 家族に内緒で借金をしている人の場合、書類が自宅に届くことで家族に借金がバレてしまうというリスクがあります。

貸金業者との和解交渉になった際も、貸金業者と交渉する時に相手が悪質な業者だった場合、不当に低い金額を提示される可能性もあります。 しかし、弁護士や司法書士に依頼すればこれらのデメリットをなくすことができます。

ですから、専門家に依頼すれば着手金や成功報酬などの費用がかかりますが、このような様々なメリットがあることを覚えておきましょう。

弁護士や司法書士に依頼する際の費用とは

bank-note-209104_960_720

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼する時のデメリットは費用がかかることです。過払い金請求は自分ですることもでき、その場合は依頼する費用がかかりません。

しかし、弁護士や司法書士に頼むことで手続きの負担などが減ることも事実ですので、自分の優先することを決めて選択するようにしましょう。

費用の種類は多くあり、相談料、着手金、報酬金などがあります。 また、手数料、裁判になった際には印紙代などの実費がかかることもあることを知っておくことが大切です。

事務所によって、1社あたり何円と決めているところ、着手金は少なめで報酬金を多めにするところ、着手金はなく解決後に全て支払うなどさまざまですので、比較し検討することも大切になります。

着手金

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼した場合に、着手金がかかることがあります。着手金とは、結末が成功か不成功に関わらず依頼した時点で支払う報酬のことです。

もし成功しなくても返還はないので、よく相談してから依頼する必要があります。 報酬金の前払いや手付金とも意味が違うので注意しましょう。

また、過払い金請求の返還がない時点で支払う必要があるので、依頼人にとっては負担になってしまいます。

相場としては、一つの消費者金融会社に対して、1万~2万円です。 よって、数社の過払い金請求を依頼する際はそれに伴って費用が増えていきます。

報酬金

報酬金とは、依頼した内容が成功した場合にその程度に応じて支払うものです。

過払い金請求に関しては、「債務整理事件処理の規律を定める規程」を定めているので、報酬金の上限額は規制されています。

「解決報酬金」は解決した際に支払うもので、消費者金融1社に対して2万円以下、商工ローンの場合は5万以下です。 消費者金融に支払う額を過払い金にて減額できた場合は「減額報酬金」になりますが、減額分の10%以下と決められています。

「過払金報酬金」は、回収した金額を元に算定し、訴訟にならなかった時は回収額の20%以下、訴訟による場合は25%以下という決まりがあるのです。 よって、基本相場では解決金として約2万と回収額の20%の費用がかかります。

実費

弁護士事務所や司法書士事務所の方針によっても異なりますので、一概にはいえませんが着手金や基本報酬、成功報酬などの他に、実費がかかることがあります。

交通費や事務手数料などが実費となります。

弁護士と司法書士どちらに依頼すると良いか?

clause-2220818_960_720

弁護士と司法書士の違い

過払い金請求を考えたとき、頼もしい味方になるのが弁護士と司法書士です。

原則としてどちらに協力を依頼してもかまわないのですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。 どちらも国家資格が必要な職業で、特定の試験に合格しなければ業務ができません。

業務の詳細を見ると、弁護士と司法書士には担当する領域に違いがあるのです。まず弁護士は法律全般に関する専門家です。 法律の知識を用いて、依頼者をトラブルから守ったりアドバイスをしたりします。

弁護士にとって、過払い金に関する仕事は幅広い領域の一部にすぎません。

司法書士は、不動産や企業の登記を行うことが本来の仕事です。 司法書士のなかでも「認定司法書士」と呼ばれる人たちのみ、過払い金請求などの業務を行うことができます。

過払い金請求に関する弁護士と司法書士の最大の違いは、返還請求をする金額が140万円を超えるときは弁護士しか対応できません。 過払い金の有無が判断できない時点では、どちらに相談してもかまいません。 過払い金請求を考えたとき、頼もしい味方になるのが弁護士と司法書士です。

原則としてどちらに協力を依頼してもかまわないのですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

どちらも国家資格が必要な職業で、特定の試験に合格しなければ業務ができません。 業務の詳細を見ると、弁護士と司法書士には担当する領域に違いがあるのです。まず弁護士は法律全般に関する専門家です。

法律の知識を用いて、依頼者をトラブルから守ったりアドバイスをしたりします。 弁護士にとって、過払い金に関する仕事は幅広い領域の一部にすぎません。

司法書士は、不動産や企業の登記を行うことが本来の仕事です。 司法書士のなかでも「認定司法書士」と呼ばれる人たちのみ、過払い金請求などの業務を行うことができます。

過払い金請求に関する弁護士と司法書士の最大の違いは、返還請求をする金額が140万円を超えるときは弁護士しか対応できません。 過払い金の有無が判断できない時点では、どちらに相談してもかまいません。

弁護士に依頼するメリット

過払い金請求額が140万円を超える場合は、弁護士にのみ交渉・訴訟を依頼することができるので、これが弁護士の強みといえるでしょう。

そして訴訟となったときに、請求額が140万円を超える訴訟では地方裁判所を利用できます。

簡易裁判所とは異なり、地方裁判所では貸金業者の社員が法廷に出席することができません。

そのため貸金業者の代表取締役等が出席しなければなりませんが、通常それはなかなか困難なため弁護士を立てる必要が出てきます。

しかし、貸金業者としては裁判が長期に渡るなどして弁護士費用などがかさむのを抑えたいため、債務者にとって有利な和解案が成立することが多くなります。

過払い金請求額140万円超というのは1社の貸金業者だけに限定されるわけではなく、複数の貸金業社への請求額を合計して140万円を超えれば大丈夫です。

司法書士に依頼するメリット

司法書士に依頼する場合は、過払い金請求額が140万円以下でなければなりません。

司法書士に依頼するメリットとしては費用面が考えられるでしょう。 司法書士の基本的な仕事は書類作成、和解交渉なので、貸金業者と訴訟をする場合は裁判所へ出廷は自分自身でおこなう必要があります。

しかし、その分弁護士事務所に比べて費用が安い傾向にあります。

また、司法書士事務所は専門的に過払い金請求をあつかっているところも多いため、弁護士事務所に依頼するより多く取り戻すことができる場合もあります。

依頼する時のポイントはどれだけ過払い金を取り戻すことができるか

wallet-2292428_960_720

過払い金請求を専門家に依頼する時に重視すべきことは、手数料よりも過払い金を取り戻せる交渉力がどのくらいあるか重視する必要があります。 過払い金請求を行っても、すんなりと発生している過払い金を全額返還してくれる貸金業者は少ないのです。

まずは和解交渉を根気よく行った上で落とし所を探ることになるでしょう。

司法書士は弁護士よりも報酬を安く設定している所が多いですが、過払い金請求訴訟提起まで行なう割合はさほど高くありません。 貸金業者側も司法書士が間に入った時には和解交渉を積極的に行ってくるので、交渉力が強い司法書士を選ぶ必要があります。

司法書士は140万円未満の過払い金について簡易裁判所への訴訟代理権を持っていますから、100万円の和解交渉で和解金が7割ならば70万円、9割ならば90万円と差が大きくなります。

弁護士に依頼する際は、請求する過払い金額を無制限に取り扱え、また訴訟を起こすことこともできるので全額回収を狙うことができます。 弁護士の仕事範囲は広いので、過払い金請求に強い弁護士を探せば過払い金返還時に遅延損害金まで回収してくれるケースさえあります。

このように専門家選びは、どれだけ過払い金を取り戻すことができる考えることが重要になります。

過払い金請求を依頼する事務所を見極める方法

school-93200_960_720

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

過払い金請求を法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼をする人も少なくありません。 ただ稀に、そのような専門家の中には、増加する過払い金請求を利用して詐欺行為に当たるような金儲けをしている所もあるので注意が必要です。

弁護士や司法書士が過払い金請求に着手する場合、金融業者と直接話し合って借金問題を解決してくれます。

この際に裁判所を介することはなく、依頼者はどのくらいの金額で和解が成立したかを知ることができないのです。

実際に取り戻した金額よりも少ない額を提示して、差額を着服するという事例がいくつも取り上げられています。このようなことにならないためにも、実績や経験が豊富な専門家を探すことが大切です。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

弁護士や司法書士に過払い金請求を頼みたい時、とてもたくさんの広告が出されているのでどの事務所を選んで良いか悩むことがあります。

請求者の多くは、過払い金が戻ってきて当然だと考えている方が多いですが、実際は専門家の手を借りても和解が難航したり、納得がいかない金額を提示して話し合いにも応じないような業者も増えています。

このような現状からできるだけ多くの過払い金を取り戻すためには、裁判をしなければならないケースもたくさんあります。

法律を専門にする事務所は数多くありますが、必ずしも過払い金請求をしているわけではないので注意が必要です。 事務所を探す際には、過払い金請求や任意整理を行っているか、まずチェックをする必要があります。

経験が少ないと業者の行動が予想できなかったり、裁判の手続きなども迅速に行えない恐れがあります。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

過払い金請求で発生する費用は事務所ごとに違います。 実際にHPで料金を記載している所も多いですが、料金体系が複雑で分かりにくかったりします。

どの専門家に依頼するか迷った時は、できるだけ明確に料金が記載されている所を複数選び、比較検討することがポイントです。

また相談料を無料で行っているかどうかで判断するのも一つの方法です。 相談の中で手続きにどれくらいのお金がかかるか、成功報酬はいくらなのかを具体的に確認することができます。

ただ費用が安ければ良いとは限らず、低料金を謳っていても実際は細かな基準が付いていることもあるので気を付けましょう。

費用が安ければいいわけではない

弁護士や司法書士に過払い金の請求を依頼すると、相談料や着手金・成功報酬金などのさまざまな費用が発生します。 ただ料金が安いと言ってよく調べもしないで契約をするのは危険です。

事務所によっては低料金を表示して、通信費や郵便代などの実費を別途請求する場合もあります。

契約をしてしまうと辞める時に費用を求められることもあるので、契約を結ぶ前にしっかりと確認を取りましょう。

費用を安く提示している事務所では、過払い金請求の経験がない所もあります。 いくら安くても過払い金が戻ってこないなら、結局は損をすることになります。

費用だけを見て選ぶのではなく、貸金業者と争い依頼者のために過払い金を取り戻してくれる実力がある事務所を見極めることが大切です。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

過払い金請求をする場合、弁護士事務所や司法書士事務所にお願いをすることが多くなります。

すでに何度かお願いしている事務所であれば問題ありませんが、初めて過払い金請求をする場合はどの事務所を選んだらいいか迷ってしまいます。

できるだけ多くの過払い金の取り戻したい場合には、和解よりも訴訟をしてくれる事務所を選ぶとよいでしょう。

過払い金請求をすると、訴訟をする場合と和解になる場合がありますが、訴訟の方が和解よりも3カ月から4カ月ぐらい長引きます。 ですが、その分たくさん過払い金を取り戻すことが可能になります。

そういった理由から、最初に相談をした時に訴訟を提案してくれる事務所かどうかチェックすることが大切です。

まとめ

table-1558811_960_720

過払い金請求を行うに当たり、弁護士や司法書士のどちらに依頼したほうが良いか、双方のメリット、デメリットについて理解できましたでしょうか。

それぞれの着手金や報酬額も考慮しながら、選択する必要があります。 確実に過払い金請求をするためには、どちらに頼んだほうが良いかしっかりと吟味しましょう。

過払い金請求を行う際の事務所選びもとても大切です。 信頼できる条件が整っている事務所を選ぶことで、安心して過払い金請求を行うことができます。

料金体系や費用は自らが負うリスクにもなるので、しっかりと確認しておきましょう。

自分の過払い金請求に大きく関わることになりますので、慎重に選び行動することが大切です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還金額は、なんと累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ