クレジットカード会社から過払い金請求をする方法と注意点

クレジットカード会社から過払い金請求をする方法と注意点

クレジットカードの過払い金請求をしたいと考えている人は、請求ができる場合とできない場合について、あらかじめきちんと把握しておくことが大切です。

また、過払い金請求をおこなった場合に生じるデメリットや注意点なども、知っておかなければならないポイントです。 安易に過払い金請求をおこなうと、カード会社のブラックリストに載ってしまったり、今後クレジットカードが作れなくなったりするおそれもあります。

これからクレジットカードの過払い金請求をする際の注意点や、デメリットなどについて紹介していくので、参考にしてみてください。

過払い金請求ができる理由

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu_TP_V

過払い金請求は、利息制限法を超えて出資法に定められていた29.2%以下の金利で借入を行っており、最後の取引から10年以内であれば可能です。

利息制限法では10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%といった形で上限金利が定められています。改正貸金業法が完全施行される前までは、20%~29.2%の罰則は無いけれども利息制限法には違反しているグレーゾーン金利で貸金業者は貸付を行っていました。

過払い金請求が出来る仕組みとして、グレーゾーン金利で貸付を行っていた取引は、利息制限法に違反した取引となっているので、正しい上限金利に引き直し計算した結果との差額を、不当利得返還請求権を行使して請求出来るわけです。 民法で定められた不当利得返還請求権の消滅時効が一般債権と同じ10年間ですから、最終取引日から10年以内に過払い金請求を行えば、払いすぎた利息を取り戻せます。

金利引き直し計算を行い、貸金業者へ過払い金を請求すれば過払い金を取り戻すことができます。 しかし、実際には経営状況を理由として、任意交渉による減額を迫られることが一般的です。 納得出来れば、減額交渉に応じて早期に過払い金を取り戻すことも出来ますが、元々違法な金利を取っていたわけですから、裁判を起こして全額回収することも可能です。

クレジットカードでも過払い金請求はできるの?

glass-2025715_1280

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードの機能にはショッピングとキャッシングの機能があります。ショッピングは買い物、キャッシングはお金を借りる機能です。 過払い金の返還請求ができるのはキャッシングだけであり、ショッピングはお金の立て替えであるため利息制限法の対象とならないためです。

過払い金が発覚する前の有名なクレジットカードといえば、ニコス、イオン、オリコ、クオークといったクレジットカード会社ですが、他のキャッシング専門の消費者金融会社同様、これらのクレジットカード会社も法律の隙間をかいくぐった利息制限法の上限を超える金利でキャッシングを利用者におこなっていました。

ですからクレジットカードを利用してキャッシングをおこなっていた利用者の中には、過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

クレジットカードでお金を借りた時に、過払金が発生している場合には過払い金請求をすることが可能です。

クレジットカードには通常2つの枠があります。 一つはキャッシング枠でもう一つがショッピング枠です。このうち、キャッシング枠については過払金請求できることには異論がありません。

ところが、ショッピング枠を利用した場合の手数料については過払い金請求の対象外とされています。 ショッピング枠が過払金請求の対象外される理由は、割賦販売契約だからです。 立替え払いと解釈されているため、支払った手数料は利息と解釈されず、過払金請求はできません。

過払い金請求ができる主なクレジットカード会社とは?

flashcards-1591812_1920

過払い金請求をすれば支払った額が戻ってくるので、期待する人もいると思います。 しかし、実際に過払い金が発生しているのかが分からない、可能性だけで弁護士に相談するのは躊躇があるそういった人もいるかもしれません。

この時に過払い金が発生している可能性が高いクレジットカード会社を知っておくと参考になります。

ポイントとして2007年以前にクレジットカードでキャッシング枠を利用した場合、過払い金が発生している可能性が高いです。 この理由として、法律的な利息は通常20%以下なのですが、2007年以前はこれ以上の利息をとっていた金融業者が多く、この後の法律が改定されて問題は少なくなりました。

過払い金が発生している主なクレジットカード会社は、「セゾンカード」「オリコ」「ニコス」「セディナ」などがあります。

注意しなければいけない点として、過払い金請求は完済してから10年で時効を迎えて、過ぎると請求できません。 何もしないとそのまま権利が失われてしまうので、可能性がある場合はすぐに行動をはじめてください。

クレジットカード会社に過払い金請求をする際の4つの注意点

OK76_iphone6hikusugi20141221141320_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

クレジットカードの機能は、大きく分けるとショッピング機能とキャッシング機能の2つから成立しています。

ショッピング機能では、商品やサービスの提供を受けるとカード発行会社が先に支払いを行い一定期間後に利用者の口座から代金を引き落とします。 キャッシング機能では、カード利用者が申請することでカード発行会社からATMなどを介して現金を受け取り、一定期間後に返済を行います。

一般的にキャッシング枠で貸付けられた金額に対して利息が必要となります。その際には、利息制限法により定められた利率を超えた貸付けを行うことが認められていません。

しかし出資法で定められた29.2%を超えなければ刑罰の対象ではなかったことから、利息制限法を超えたグレーゾーンと呼ばれている曖昧な金利で貸付けが行われていました。このことが現在の過払い金請求の発端になっています。

例えクレジットカードであったとしても、グレーゾーンに当たる金利でキャッシングを受け、その後に返済していた場合であれば、過払い金が発生することになるので返済を求めることは可能です。

注意しなければいけないのは、クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能は切り離して存在するものではありません。 カード発行会社に過払い金請求を行うことでクレジットカードの利用が停止され、結果的にショッピング機能も使えなくなります。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

基本的にクレジットカードの過払い金請求のみをする場合は、ブラックリストに載ることはありません。 しかし、請求した後に債務が残っているとブラックリストに登録されてしまいます。債務が残ってしまうことで、任意整理と扱われてしまうからです。

そもそもブラックリストとは、返済能力に関する情報のことです。 ブラックリストに載るということは、信用情報機関に事故情報が掲載され、「賃金業者がお金を貸しても返済が難しい」という判断基準となります。

完済している過払い金請求であればブラックリストへの登録は心配はいりません。 返済中の場合は、過払い金で債務を完済できるか確認することが大切になります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能があります。

キャッシング中に発生した金利がグレーゾーン(利息制限法で定めた金利を超えて出資法の罰則規定に該当しない金利)だったことで、既に返済を済ませた支払額に対して過払い金請求を行うことは可能です。 しかし、一枚のクレジットカード内で発生したキャッシングの過払い金請求を行う際にはショッピング枠の債務に注意しましょう。

一般的にカード発行会社に対して過払い金請求を行えば、クレジットカードの利用は停止されます。 その際には、過払い金に相当する金額がショッピング枠の債務と相殺されることになります。

過払い金請求額の方が多ければ、差し引かれた金額が払い戻されて手続きが終了します。しかし、過払い金でショッピング枠の債務を相殺しきれなかった場合は、信用情報機関に事故情報が記録されてしまいます。

そのためブラックリストに登録されてしまいます。 登録されるとそのカードだけでなく、所有している他のクレジットカードも停止されたり、新たにローンなどを組むことができなくなったりします。 クレジットカード利用中に過払い金請求を行う時は、キャッシング枠だけでなく、ショッピング枠の状況にも注意しましょう。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

過払い金請求を行ったことにより、クレジットカードやローンの審査に影響が出るのではないか不安な方もいると思います。基本的にはブラックリストに記録されていなければ影響することはありません。

しかし、例外があります。 一般的に過払い金請求をした業者のクレジットカードは使用できなくなり、再び発行することもできなくなります。これは業者独自のブラックリストである、社内ブラックに登録されてしまうためです。

過払い金請求は正当な権利ですが、業者側からすれば利益が減少するものなので、請求した人とは今後取引したくないと考えます。 この情報は他の業者に共有されることはないのですが、関連会社やグループ会社がある場合は共有される可能性があります。

そのため請求した業者の関連会社やグループ会社にクレジットカードやローンの審査を依頼すると、審査が通らず落ちてしまう可能性があります。 必ずしも共有されるわけではありませんし、審査が100%通らないわけではありませんが、悪影響を与える可能性があることを覚えておいてください。

ですので、クレジットカードの過払い金請求をする場合は、関連会社やグループ会社に悪影響が出ても大丈夫か一度考えることが大切になります。

クレジットカード会社に過払い金請求しても、クレジットカードを作れるのか?

visa-957187_1920

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れます。ただし、返済中に過払い金請求をしてしまうと、クレジットカードが使えなくなったり、新規にクレジットカードを作成できなくなる恐れがありますので注意しましょう。

これはタイミングの問題で、返済中に過払い金請求があり過払い金で完済できなかった場合は、任意整理扱いとなり信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、ブラックリストに入れられてしまうからです。

しかし、返済後の過払い金請求であれば事故情報として記載されません。 ですので、過払い金請求でクレジットカードの審査に影響することはほぼないです。 このように過払い金請求では、タイミングが重要なこともあります。

よく分からない場合は、専門家と相談するのも一つの方法です。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

過払い金請求できる場面は2種類あり、借金を完済した後とする前です。借金を完済した後であれば過払い金請求をしても、そのあと他社であればクレジットカードをつくることができます。

一方で、借金を完済する前に過払い金請求をした場合、過払い金請求をしたことで借金が完済される場合と、借金が残る場合があります。 本来であれば完済する前に過払い金請求をすると任意整理に該当するため、信用情報機関のブラックリストに載ってしまいます。

この場合は、最低でも任意整理が終わった時から5年間はクレジットカードを作ることは難しくなります。 なぜかといえば、金銭面での信頼を失っているからです。

クレジットカード業者は信用情報機関が所有しているブラックリストを閲覧することはできます。 この時任意整理をした記録も残されているため、初めてクレジットカードを作る会社であっても、借り入れが難しくなります。

ただし、過払い金請求をしてお金が戻ってきた時に、そのお金で借金を完済できた場合には債務整理は適用されず、ブラックリストに載ることはありません。 もし完済前に過払い金請求をするならば、確実に借金の額よりも過払い金の額の方が多いときに行いましょう。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

過払い金請求をしても返済後であればクレジットカードを新規に作ることができます。ただし、過払い金請求をしたその会社から新たにクレジットカードを作ることはほぼ不可能です。

クレジットカード会社は、信用情報機関に登録された信用情報をもとに審査するのですが、そのほかに自社に蓄えられた情報も参考にしています。 そのため、過払い金請求があった記録があることが分かると、当然審査に影響を与え、審査が通らない可能性が高いのです。

もちろん、最終的にはクレジットカード会社の判断となりますので絶対ということはありません。 ですが、過払い金請求をした業者から新たにクレジットカードを発行してもらうのは不可能に近いと言わざるを得ないでしょう。

まとめ

credit-card-851502_1920

クレジットカードのキャッシング枠は借金として扱われるため、過払い金請求の対象となりますが、ショッピング枠は立替えを行っているだけなので対象とはなりません。 返還された過払い金を返済に充てても借金を完済できない場合は、ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに登録されると、請求先を含むほとんどの賃金業者でクレジットカードの発行ができなくなるので注意が必要です。クレジットカードの過払い金請求において、最も注意すべきはショッピング枠の債務です。

ショッピング枠に債務が残ったままだと任意整理とみなされ、ブラックリストに登録されてしまいます。 キャッシング枠だけではなく、ショッピング枠の債務と請求先賃金業者の関連会社などは事前に確認しておきましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還金額は、なんと累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ