過払い金請求をしたら住宅ローンは組めないのか?

過払い金請求をしたら住宅ローンは組めないのか?

過払い金請求で払い過ぎた分を取り戻すことができたら、嬉しいものです。 しかし、過払い金請求をしたことで住宅ローンが組めなくなってしまうのではないかと心配で、過払い金請求を躊躇してしまっている人も多いかもしれません。

そこで今回は、過払い金請求が住宅ローン審査に影響するのかどうかを説明していきます。

またブラックリストに登録されてしまう場合、そして、そもそもブラックリストとは何なのかについても触れていきますので是非参考にしてみてください。

そもそも過払い金請求とは

C778_bukiminakaigisitu_TP_V

過払い金とは、本来なら支払う必要がないのにも関わらず、消費者金融やカード会社といった賃金業者に支払い過ぎたお金のことを言います。

お金を貸す時の利息とは、「利息制限法」という法律により、その金額に応じて15から20%と定められています。 そして、貸金業者はこの「利息制限法」の上限を超える利息分のお金を受け取ることが法律上できません。 ですから、「利息制限法」の上限を超える利息を支払っている場合や、支払い元本を超えるほどの支払い金額が発生している場合には、その支払い過ぎたお金を貸金業者から返還してもらうことができます。

過払い金請求とは、こういった払い過ぎた利息である過払い金を計算し、賃金業者から返還請求することを言います。 過払い金請求方法は、弁護士や司法書士に依頼することもできますが、自分でできることが特徴です。

取引履歴書類を取り寄せ、過払い金がいくら発生しているのか計算し、賃金業者と交渉して過払い金を返還してもらうというステップになります。 ですが、手続きや交渉が難しい方は、専門家に依頼した方がいいかもしれません。

過払い金請求を行うと住宅ローンは組めないのか

PAK75_gyoe-20141221140222_TP_V

ブラックリストとは

金融業者からお金を借りて、過払い金が発生しているときは、過払い金請求をするのが賢い選択です。すでに借金を完済してから過払い金請求をする場合と、まだ借金の返済が残っている段階で過払い金請求をする方法があります。 このうち、前者の場合は借金を返済し終っているため、できるだけ早めに過払い金請求をするべきです。 問題は、まだ完済が終わっていない段階で過払い金請求をする場合です。

完済が終わっていない段階で過払い金請求するときに注意をしたいのは、現在の借金よりも過払い金請求で手に入れることができる金額が少ない場合です。 例えば、100万円の返済が残っているにもかかわらず、90万円の過払い金しかない場合です。 この場合、仮に過払い金請求をしてお金が手に入ったとしても、借金が残る形になり、過払い金請求ではなく任意整理に該当してしまいます。

任意整理をした場合はブラックリストに名前が載ってしまいます。 ブラックリストとは、情報信用を会社の信用情報に名前が載ってしまうことです。 ブラックリストに名前が載った時の問題点は、債務整理が終わった段階から5年間はほかの業者から借金をすることができなくなることです。

もし過払い金を請求するならば、完済した後か、確実に金請求で債務がゼロになる場面で行うべきです。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求を行っても住宅ローンを組むことは出来ます。 住宅ローンを組むには審査を受けてパスする必要がありますが、過払い金請求をしたこと自体が信用情報にキズをつけることはありません。借金を完済した後に過払い金請求をするのであれば、住宅ローンを組むに当たって何の問題もありません。

借金の返済中に過払い金請求をして、戻ってきたお金を借金の返済に充てることで完済出来れば問題がありませんが、もしも残金が残ってしまうと信用情報に「任意整理」と記載されてしまいます。 これはいわゆるブラックリストに載ったという状況になるため、一定期間は住宅ローンの審査に通るのが難しくなるでしょう。

住宅ローンの申請を予定している場合は、過払い金請求によって戻ってくる金額と残金についてきちんと洗い出し、請求をするタイミングを考えることが必要です。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

過払い金請求をして、たとえブラックリストに載ることになったとしても、現在抱えている住宅ローンには影響がありません。 住宅ローンをきちんと返し続けることができれば、ブラックリストに載ったからと言って打ち切るになる心配もありません。

これを利用して、過払い金請求をして戻ってきたお金を当てても残金が残ってしまうことが分かっている場合には、請求の前に住宅ローン申請をしてしまう方法があります。住宅ローンを組みたいと考えている人で、過払い金請求をすることでブラックリスト入りする可能性がある人はこの方法を覚えておくと良いでしょう。

ただしもともとの借金も返済しなければならない上、住宅ローンも抱えるとなるとリスキーであることは覚えておく必要があります。 住宅ローンの返済が滞っても、ブラックリスト入りしていれば新たに借り入れをすることは非常に難しくなるでしょう。

過払い金請求後に住宅ローンが組めなくなる場合

TAKEBEatamayamanu_TP_V

ローンの審査は信用情報が重要になる

住宅ローンは比較的誰でも審査に通るようになっていますが、金融機関によってはやはり審査基準が厳しく、なかなか通らないところもあります。 基本的には、団体信用生命保険に加入できて安定した収入がある人が、無理のない返済計画でローンを組めば融資は受けられます。

これらの条件を満たしていても審査に落ちる場合には、信用情報に傷がついている可能性があります。 信用情報というのは金融機関や消費者金融等が情報を共有しているデータベースで、国内には3つの信用情報機関があり、そこで管理されています。

このデータベースには、借入先や借入額、滞納の有無、債務整理をしているか、不自然な融資申し込みをしているかなどの様々な情報が記載されています。 過払い金請求をした場合、その内容によっては債務整理中として信用情報に登録されることがありますが、これを信用情報に傷がついた状態、いわゆるブラックリストと言います。

このブラックリストに登録された状態の人は、たとえ支払い能力があってもきちんと返済ができない不誠実な人物とみなされて、ローンや新規の借り入れの審査に落とされてしまいます。 したがって、住宅ローンを考えている人が過払い金請求をするときは注意が必要です。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

過払い金請求をしたからと言って、すべての人がブラックリストに登録されてしまうとは限りません。 そもそも、ブラックリストは取引のある金融業者などが問題のある債務者に関する情報を自発的に登録するものですが、その登録は現在取引が継続している債務者に限られます。

したがって、既に借金を完済しており、契約も解除して無関係となった人が改めて過払い金請求をしてきたときには、金融業者側はブラックリストにその内容を登録することがありません。 ただし、返済中に過払い金請求をした場合はブラックリストに登録されてしまう可能性があります。

過払い金請求は正当な権利ですが、請求をして過払い金で完済することができなかった場合は、任意整理として扱われるためブラックリストに登録されてしまいます。 そのため注意が必要になります。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

近年では、大手の消費者金融系などは銀行と提携して資金のバックアップを受けているところがありますが、このような関連会社に対して過払い金請求をしたときは、その情報は半永久的に請求をした業者とその関連会社に残されます。

ブラックリストに登録されていなくても、社内では半永久的なブラック扱いという事になり、住宅ローンを申し込んでも断られる可能性が高いです。 ただし、金融機関によっては過払い金が発生している場合の債務整理はブラック扱いとせずに、住宅ローンの融資を認めるところもあります。

借金の減額や滞納は論外ですが、過払いが発生するほど払い続けていたという実績が認められるためです。 どうしても過払い金請求をした関連の金融機関でローンの申し込みをしたいときは、審査に落ちた時の代替の金融機関を探しつつ、駄目元で申し込みをしてみるのも良いでしょう。

過払い金請求も住宅ローンも組みたい時は

new-home-1664302_1920

基本は完済してから過払い金請求をすること

過払い金請求をする場合に、相手方の貸金業者にまだ債務が残っている場合とすでに完済している場合があります。 完済している場合に過払い金請求をしても、信用情報機関にブラックリストとして登録されることはありません。 したがって、新たなローンを組むときに何の支障もないのです。

住宅ローンを申し込めば、通過する可能性があります。もちろん、住宅ローン審査は信用情報だけではなく属性も調べるので、信用情報だけが判断材料ではありませんが、ブラックリストに載っていなければ第一関門は突破できます。

問題なのは、債務が残っている場合です。 このケースで過払い金の回収額によって債務を返済しきれない時は、借金の減額という扱いになるので任意整理にくくられてしまうのです。となると、信用情報機関のブラックリストに掲載されてしまいます。 その結果、新たに住宅ローンを組むことが非常に難しくなるのです。

これは、任意整理をした相手の貸金業者関連の金融機関だけでなく、すべての業者の住宅ローンについて言えます。 だから、新しく住宅ローンを組もうと思ったら、相手方貸金業者の債務はすべて返済し終えた段階で過払い金請求をするのが基本であり、安全でもあります。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

債務の返済中に過払い金請求をしても、それによって債務が完済できれば、信用情報機関のブラックリストには載りません。したがって、住宅ローンを組みやすくなります。

ただ、過払い金の回収額と債務残高の差を正確に計算しないと、任意整理になる恐れもあるので慎重に行う必要があります。 引き直し計算は、貸金業者から取引履歴を取り寄せて行うことになりますが、計算間違いをすると、過払い金の回収自体に失敗することもあり得るので損をしてしまいます。

ここで注意すべきなのは、債務の内容です。 クレジットカードのキャッシング枠の過払い金請求では、ショッピング枠の残高もひとくくりにして計算されます。もし、両方を合わせてマイナスになっていると、任意整理の扱いになってしまいます。 また、銀行などの保証会社に過払い金請求をした場合、銀行のほうに債務があると、その債務に過払い金が充当されます。 これも債務残高が多ければ、任意整理となります。

さらに同じグループ会社でも、過払い金と債務を一緒に処理するケースが多いです。 その結果によってはやはり任意整理の対象となります。

以上のことから、過払い金で債務を返済する場合は住宅ローンを組むためにも、絶対に債務残高が上回らないようにしておく必要があります。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

過払い金と債務との関係で、住宅ローンが組めないのではないかと悩んでいるのなら、いい解決方法があります。前もって住宅ローンを組んでから、過払い金請求をすれば問題が生じません。

過払い金請求を先にしてしまうと、債務の額によって任意整理の扱いとなり、信用情報機関のブラックリストに載る恐れがあります。そうなれば、住宅ローンはなかなか組めません。

ということは、住宅ローンの審査を早めに行えばいいのです。 一度住宅ローン審査に通れば、あとで過払い金請求をしても、ローンの支払いには一切影響がありません。

過払い金請求をしたから、一括で返してくれなどといってくる金融機関もないのです。 仮に任意整理の扱いとなって、信用情報機関のブラックリストに載っても、すでに組んでいる住宅ローンの支払いは変わりません。月々の返済、ボーナス返済などを滞りなく進めていけば、問題になることはないのです。

また、過払い金請求をしたこと自体は金融機関には知られません。 ブラックリスト入りすればわかることになりますが、それも新たなローンを組むのが難しくなるだけです。現在のローンについては、心配ありません。

だから、過払い金請求と住宅ローンの両方を検討している人は、住宅ローンを組むことを優先しておいたほうが安心です。

まとめ

YUSEI_9V9A5412_TP_V

過払い金請求が住宅ローンに影響するかどうかは、自分の家に関係することですから当然気になるポイントです。 過払い金請求をしても基本的にはブラックリストに載ることはないので、住宅ローンの審査には影響しません。当然今組んでいるローンへの影響も大丈夫です。

ただしこれにはいくつか例外があります。 例えば、返済中に過払い金請求を行って借金が完済できないと任意整理とみなされるため、この場合はブラックリストに載ってしまいます。 こういった事態を避けるために、基本借金を返済し終わってから請求を行うのがポイントです。

また請求を行った貸金業者の関連金融機関では、過払い金請求を行ったことでローン審査が通らなくなる可能性があります。 請求する前に、一度貸金業者の関連企業を調べてみましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還金額は、なんと累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ