デメリットを抑えてメリットを活かした過払い金請求の方法

デメリットを抑えてメリットを活かした過払い金請求の方法

払い過ぎた利息が返ってくる過払い金請求は、特にデメリットがないこともありますが、選択によってはデメリットが発生してしまう場合があります。 しかし、お金が戻ってくるかもしれないのにそういったリスクを不安に感じて過払い金請求をためらい、諦めてしまっては勿体ないと言えます。

実際にはどういった場合にデメリットが発生するのか、どんなデメリットがあるのか知っておけば、実際に過払い金請求をするのに役立つでしょう。

過払い金請求は完済しているとデメリットがない

SAYA072160333_TP_V

過払い金請求=ブラックリストへの登録と考える方が多いですが、完済している場合の過払い金請求は金融事故とはみなされません。

ブラックリストは、金融業者が取引を安全に行うために債務の履行に問題が生じた経緯がある債務者をリストアップしたものです。 これには支払いの延滞や債務整理により回収が困難になったことが記録されます。 債務の不履行という結果が確定してから5年間は残り続け、その間は新規での融資を受けることが原則として不可能になります。

つまり、完済後の過払い金請求は債務の履行が完了しており、ブラックリストに載る理由が存在しないのです。 過払い金請求は不当な利息を取り戻すための正当な手続きであり、その後に融資を受けることにおいてデメリットは全くありません。

過払い金が問題になる金融業者は、利息制限法を超える利率から出資法で決められた利率まで、いわゆるグレーゾーン金利で貸し付けを行っていました。 出資法の利率が年29.2%であり、100万円以上でも一定の利率であることから、比較的多額の借り入れを行っていた方は過払い金が相当な金額にのぼることがあります。

デメリットはありませんので、心当たりのある方は司法書士などに相談してみましょう。

返済中に過払い金請求をする際はデメリットがある

PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322_TP_V

ブラックリストに載ってしまう場合がある

過払い金とは、貸金業者に払いすぎた利息のことをいいます。 過払い金が発生している場合、貸金業者に対して過払い金請求をすることができますが、場合によってメリットよりもデメリットが大きくなることがあります。

借金を全額返済した後の過払い金請求であれば、とくにデメリットはありませんが、返済中の請求の場合、請求したことにより返済しきることができるかできないかでデメリットがあります。 借金を返済中に過払い金請求をすると、まずブラックリストに登録されます。 その後、借金残高がなくなるとブラックリストから削除されますが、残高がなくならないと債務整理という扱いとなりブラックリストに登録されたままになります。

債務整理とは、貸金業者と今後の返済方法や返済額について相談して支払いを可能な状態にする手続きのことをいいます。 つまり、ブラックリストに登録されてしまうと、借金の返済能力に問題があるとみなされてしまうということになります。

返済中の過払い金請求は、完済できるか否かが大きな問題となります。 一円でも借金残高が残ると、債務整理という扱いとなりブラックリストに載ってしまうので、事前に請求したらいくら返還されるのかを調べてから行う必要があります。

賃金業者から新規借入が出来なくなる

借金返済中の過払い金請求には、ブラックリストに登録される大きなデメリットがあります。 ブラックリストに載っていると貸金業者にお金を貸しても返済が難しいと思われてしまいます。

貸金業者も返済能力のない人にお金を貸して、貸し倒れすることは防ぎたいと考えます。そのため、返済中に過払い金請求してブラックリストに載ってしまうと、請求先を含むほとんどの貸金業者から、最低でもおよそ5から7年ほどの間は新たな借金の申し込みやクレジットカードの申し込み、ローンを組むことができなくなります。

ただし、ブラックリストの情報は永久ではなく5から7年ほどが過ぎると削除されるので、その期間が過ぎた後は新規借入、クレジットカードの作成、ローンの組み立てもできるようになります。

また気を付けることのひとつとして、貸金業者は請求した人の情報を社内管理するので、返済中であれば全額返済できる予定でも手続きが済むまで請求先の貸金業者からは新たな借入やクレジットカードの利用・作成ができなくなります。

過払い請求を自分でする場合のデメリット

TKBFUKIGENKANOJYO_TP_V

時間と手間がかかる

自分で過払い金請求をすることのデメリットとして必ず覚悟しなければならないことは、時間と手間がかかるということになります。 過払い金請求をする時に最初に行うのは、金融業者へ取引履歴開示請求をすることになりますが、弁護士や司法書士に依頼をすれば、この最初のステップすら省くことができます。

取引履歴開示請求をした後は、引き直し計算をして、金融業者へ内容証明郵便などで過払い金請求をすることになります。 その後、電話和解交渉をすることになりますが、話がまとまらない場合には裁判を起こすことになるでしょう。

裁判になれば、さらに多大な時間と手間がかかってしまいます。 解決まで1年以上かかるケースもありますが、絶対に勝てるという保証はありません。

取り戻すことができる金額が低くなる可能性がある

過払い金請求を自分でする場合、金融業者から強気の交渉をされて、取り戻せる金額が低くなってしまう可能性が高いです。

金融業者の担当者は、いわば交渉のプロであり、相手が一般人の場合には甘く見てかなり低い金額を提示してくることもあります。 場合によっては、1円たりとも払わないという姿勢を見せることもあるようです。

金融業者によって対応は異なるので、これは必ずあるデメリットではありませんが、個人で請求をする場合には、かなり不利な条件での和解になってしまう可能性もあるということは知っておくべきでしょう。

裁判までやるなら、基本的には100%の過払い金を回収することができますが、素人が裁判をやることはとても大変なことです。 手続きでミスをしてしまって、本来勝てるはずの裁判で負けてしまうということも実際にあります。

家族に借金をしていたことが知られる可能性がある

過払い金請求を自分でやると、自宅に書類が届いて、家族に知られてしまう可能性が高くなるということもデメリットです。

裁判をすることになれば、裁判所からの書類も自宅に届きますが、封筒を開けなくても裁判所からの書類であるということはわかってしまうので、家族から大騒ぎされてしまう可能性もあります。 借金をしていたということを家族にすでに話していて、理解を得ていたというケースでは、それほど問題にはなりませんが、家族を不安にさせてしまう可能性も高いでしょう。

弁護士などに依頼をすれば、基本的にすべてのことを代理人としてやってくれますので、この心配はほとんどなくなります。 相談をしておけば、自宅に書類などをいっさい届けないようにしてもらうこともできます。

返済中の場合は返済や督促が止まらない

借金を返済中に弁護士や司法書士に依頼をして過払い金請求をすると、その時点で貸金業者からの催促が止まります。 その後、手続きが完了するまでは借金の返済が一時的にストップします。

自分で過払い金請求をした場合には、借金の返済を続けなければなりません。 借金の残高よりも過払い金の額のほうが大きく、すでに借金が完済されているというようなケースでも、個人で請求をした場合には返済がストップしません。

最終的にはすべて清算がされるので、これはデメリットではないと考える人もいますが、返済をストップさせたいという人は、弁護士や司法書士に依頼をすることがおすすめです。 借金をすでに完済している場合には、この問題は起きません。

過払い請求を専門家に依頼した時のデメリット

OZP86_kuso-yarareta_TP_V

過払い金請求を個人で行うのは非常に難しいものです。 例えば、借りていた期間が2007年までに終了しており、利息制限法の上限金利との差を計算するだけなら簡単ですが、金利の変更が絡んでいる場合はどこまでが過払いなのかを把握することもできません。

また、業者とも落としどころを探って和解するのか、裁判所で審理を行うのかの判断も必要となります。 本来は専門家に依頼するべきことではありますが、デメリットがあるとすれば費用の問題です。

司法書士については着手金をゼロにしている事務所もありますが、相談費用、着手金、基本報酬、成功報酬が発生します。 その合計は10万円以上+過払い金の20~25%ほどとなる場合もあり、さらに印紙代や郵送料がコストとして発生します。 また、過払い金を過少申告し、差額を着服するような専門家が一部に存在するのも事実です。

もともとの過払い金請求額が少額の場合、専門家へ支払う費用により手元に殆どお金が残らなくなることがあります。 これでは意味がありません。請求額が多額になる場合は専門家への相談がベストですが、数万円から20万円程度までの場合は自分で手続きを行うことや、過払い金請求をすること自体の必要性を考えるべきです。

過払い金請求はデメリットを考えて行うことが重要

tsuruno14_TP_V

ブラックリストに載っても過払い金請求をした方が良い場合もある

過払い金とは、必要以上に支払っていた利息を過払い金として取り戻すことを言います。 この過払い金請求は所定の手続きを行うことで返金されますが、借金完済後しか行えないと認識している人も少なくありません。

しかし、実際は借金を返済している途中であっても過払い金請求をすることは可能です。借金返済中の過払い金請求はメリットもある反面デメリットもあるので注意が必要になります。 考えられるデメリットは、過払い金請求を行ってお金が戻ってきても借金が完済とならなかった時にはブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、数年間は新たな借入ができなかったり、クレジットカードが作れなくなったりします。 しかし、例えブラックリストに載ってしまったとしても、過払い金によって借金の総額が減らすことができるので、完済までの期間が短くなり結果的にはメリットになるケースもあります。

ブラックリストは数年間の我慢でそのデメリットは無くなるので、借金を少しでも早く完済したい人は、何が良い結果か考えて過払い請求を行いましょう。

請求した賃金業者以外から借入はできる

過払い金請求のデメリットには、その賃金業者からは新たに新規借入できなくなることがあります。 しかし、完済していれば、過払い金請求先以外の賃金業者からは新たに借りることが可能です。 過払い金請求は認められた権利であり、請求してもブラックリストなどの事故情報として登録されることはありません。

よって、新たに他の賃金業者からの借入はできるのです。 しかし、過払い金請求は任意整理にもなるので借金が残っている時点で行う時には注意しましょう。 返還された過払い金は借金と相殺されますが、借金が多く残ってしまうと債務整理したとのことでブラックリストに載ってしまう可能性があるからです。

その場合は、他の賃金業者からも借りづらくなってしまいます。

過払い金請求のやり方は費用だけでなくトータルで考える

過払い金のやり方には自分で手続きを行う方法と、弁護士や司法書士に依頼する2種類の中から選択ができます。 この2種類の方法には、双方にメリットとデメリットがあることを知っておくことが大切です。 まず、自分で過払い金請求を行う場合のメリットは手続きの費用を安く抑えることができるといった点になります。

専門家に依頼をする場合、着手金や成功報酬といったいくつかの費用を支払う必要があり、その費用は依頼する事務所によって異なります。 しかし、自分で全ての手続きを行えば、これらの費用は一切掛からないため結果的に安くなる可能性があります。

デメリットは、必要書類を揃えたり相手の金融業者との直接交渉を行うために時間が掛かることです。 また、交渉する時は専門的な知識や交渉術も備えておかないと、相手のペースに乗せられて安い金額での和解で話をまとめられてしまうケースも少なくありません。 そのほかにも、家族に借金をしていることを内緒にしていた場合、必要書類が自宅に郵送された時にバレてしまうといったリスクも考えられます。

専門家に依頼をすれば報酬などの費用は掛かってしまう反面、安心して手続きを進められて自分の納得いく結果を得やすいというのがメリットです。 過払い金の請求をする時は費用だけで判断するのではなく、時間や手間といった物も選択の基準として考えることが大切になります。

まとめ

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

基本的には過払い金請求をすることにデメリットはありません。 しかし、返済中に過払い請求をする場合はデメリットがあります。 もし過払い請求後に債務が残ってしまう場合は、任意整理扱いとみなされブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、請求した業者を含め新たに借入ができなくなり、さらにはクレジットカードの使用・発行、ローンなども組めなくなってしまいます。 ブラックリストに載ってしまうことはデメリットですが、借金が大きく現状では返していくのが困難な場合であれば、過払い請求をしなくてもブラックリストに載ってしまう可能性があります。

ですから、その場合はブラックリストに載ることは覚悟の上で過払い請求をして、少しでも借金を減らすようにしましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い返還金額は、なんと累積90億円以上。借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ